自分に似合う色が分かるとファッションはおしゃれに。

世の男性にとって、いくつになってもお洒落でいたいと思うのは当然のこと。異性に限らず、同性からもお洒落で見られる人は羨望の眼差しで見られます。

 

では、どうすればお洒落に見られるようになるのか。方法は様々あると思いますが、お金や時間を掛けるのは殆どの人には不可能に近いでしょう。そこで、今回はあまりお金や時間を掛けずに解決する方法をご紹介します。

 

その方法とは、ずばり自分に似合う色を見つけることです。

 

例えば自分の好きな色が青色だとします。しかし好きであるが故に、全身が青色でコーディネートしてしまうとどうでしょうか。決してお洒落には見られることはないでしょう。これは極端な例ですが、必ずしも自分の好きな服の色と自分に似合う服の色が一致するとは限りません。自分にとっては馴染みのない色でも、他人からみるとイメージにはまる色、すなわち似合う色というものが存在するのです。

 

では、そうした色はどうすれば良いか。まず思いつくのはアパレルの店員さんに聞くことだと思いますが、お勧めしたいのが、仲の良い友達と一緒に服を買いに行くことです。仲の良い友達は、普段あなたのことを良く見ていますし、センスや好みもアパレル店員さんより熟知しているはずです。誰よりも客観的に判断してくれるでしょう。はじめは慣れない色に戸惑うかもしれませんが、徐々に慣れてくるでしょう。最終的には、自分で客観的に判断できるようになるます。

 

この方法ならば、あまり労力を掛けずに自分のセンスを磨けます。

 

ぜひお試しください。

ビジネスカジュアルの基礎

ビタ男系が好きでもビジネスの場合はある程度ビジネスよりにしないといけないです。

 

ただ正解があるわけではないので、男性のビジネスカジュアルファッションは、さじ加減が難しいなと感じます。

 

うまく着こなすにはポイントを押さえる必要があります。
まず、カジュアルといっても、あくまでビジネスの場に着ていくのだから、
色合いを爽やかにまとめると、カジュアルでありながら、きちんと感が演出できることが
多いです。

 

アイテムはカジュアルなもの、例えばポロシャツなのだけど、色は青系で爽やかにする
よう気を付けるとかです。

 

フォーマルな時よりアイテム数が減ることが多いですが、着るものの中で寒色系など
テーマを決めて、グラデーションになるようにします。
シャツと、パンツの色に、敢えてベルトの色も合わせたりします。
靴、靴下からパンツがグラデーションになるようにしたりもします。

 

色は青系と緑系が落ち着きのあるビジネスカジュアルになりやすいです。
緑は中途半端な色は安っぽいので、明るい緑ならはっきりと明るいように、そうでないなら
深みのある緑色にします。
あと、個人的にとても大切なポイントとして、カジュアルなものほど、ある程度値の張る物を
買った方がいいと感じています。

 

カジュアルアイテムでファストファッションだと、安っぽくなりすぎて、信頼感を得られない
ように感じるので、高い店で買うようにしています。
逆に、スニーカーでも、上質の革を用いたブランドものなら、合わせ方しだいで
上品にもなり得るとも言えます。

 

 

ある程度上品さを出したうえでアレンジとしてビタ男風にしていくとおしゃれになるのではないかと思いますよ。

自分に似合う色が分かるとファッションはおしゃれに。関連ページ

オラオラ系デビュー
さっぱりとしたシンプルな服装が男性デート服に良いと思う。